前へ
次へ

必要となる外構工事を考える

知人は、マイホーム取得と同時に外構工事も依頼しています。よく、エクステリア費用は総建築費の1割を目安にすべき、そうした情報も耳にしますが、外構工事では費用の不安より設計に不安が出ないことがポイントではないでしょうか。知人も、安全最優先の設計を行っています。バリアフリー化も一般化していて、車椅子に対応することを考えると、アプローチの全長がかなり必要になります。スペースを確保することも必要ですから、やはり建ててから外構工事を依頼すれば『できないこと』が増えてしまいますから、建てながらというように、同時進行すべきです。階段をつける工事では、一段の踏み面にもこだわり、高さにも気を配っていました。より安全な対策とするために、段差を踏み外さないように段端を目立つ色や材料に変えています。手すりをつけたり、足元照明を施したりすれば、費用はかかりますが、それでも長く住み続けることを考えれば、必要な安全性です。

Page Top